沿革

渡辺藤商店の歴史

明治35年
1902年
渡辺藤五郎(初代社長)が山梨県にて絹裏地製造販売業を開始山梨県の富士吉田・南都留地方は渡辺姓が多いため、渡辺商店では紛らわしい為、藤五郎の藤をつけ、渡辺藤商店(わたなべとうしょうてん)となる。
明治38年
1905年
日露戦争に出兵し活躍したため、その貢献金を元手に事業を本格的に始動山梨県富士吉田や南都留などの地場産業である絹織物を東京、大阪に販売する
賞状 

明治41年に絹裏地で渡辺藤商店が受賞した賞状
昭和1~3年頃
1926年頃 
渡辺藤五郎の息子で後の二代目社長である渡辺明が入社当時の番頭や営業の独立で急遽人材不足に陥り現代の中学校を中退し渡辺藤商店に見習いとして入社する
 
昭和28年
1953年
渡辺明(二代目社長)により法人化し株式会社 渡辺藤商店を設立当時は社長、専務ではなく大将、若大将とよび丁稚、住込みもいて会社というより同じ釜の飯を食べる家族のような組織であった
また、渡辺明により山梨から当時の夜行列車で全国各地に商品を担いで行商を行い販売経路を拡大する
 
昭和40~50年代 
1956年頃
高度経済成長の中
東京支店、九州支店など設立
全国への販路開拓を行う
後に各店舗で独立する。
 
昭和62年 
1987年
渡辺明久(三代目社長)が代表取締役に就任大阪を中心に販売を継続
老舗ということもあり山梨県人会や裏地芯地共同組合など組合活動、業界の発展と地域活動に貢献する
 
平成21年 
2009年
渡辺藤商店の100%出資により、インターネット販売会社タニヨンデザインラボを設立
代表取締役に渡辺直規が就任する
 
平成23年 
2011年
渡辺直規(四代目社長)が代表取締役に就任する